納得のマンション 新築と中古どちらを選ぶ?

新築のマンション購入にかかる費用は、マンションそのものの価格だけではありません。別途かかることになる諸費用についても、頭に入れておきましょう。

新築マンションを購入する際の諸費用は?

何かを購入しようと考えたとき、誰しも事前に予算についてチェックするなどして、余裕を持った買い物ができるようにしておくことでしょう。
特に新築の分譲マンションを買う場合は、どうしても高額の買い物をすることになります。
そのため、計画なしに進めていれば、いざ購入するときになって費用が足りない、なんてことになりかねません。
特に分譲マンションを購入する場合は、マンションの費用だけを用意すれば良いわけではありません。
その他にも、諸費用として色々な費用がかかることになるため、それらについてもしっかりと考え、準備しておかなければならないのです。
せっかく購入しようと思った物件が予算不足で購入できないとなっては大変なことになりますから、購入前にある程度諸費用について考えておくようにしておくと良いでしょう。
基本的に、分譲マンションを購入するためには、例えば3500万円ほどの物件に対してはおよそ100万円程度の諸費用が必要になると言われています。
それでは、その諸費用の具体的な内容について見ていきましょう。
新築の分譲マンションの場合、仲介手数料についてはかかりません。
そのため、仲介手数料は考える必要がありませんが、契約時の印紙代や住宅ローン関係の費用、登記に関する費用、税金などがかかることになりますので、これらをチェックしておくことは必要不可欠です。
まず、契約時の印紙代ですが、これは1000万円から5000万円程度の物件でだいたい15000円程となります。
次に住宅ローンに関する費用、登記に関する費用、税金については、3500万円の新築分譲マンションを購入する場合で考えると順番に、40万円前後、20万円から40万円程度、8万円程度となっています。
これらをあわせて考えると、3500万円の新築分譲マンションを購入するとした場合、マンションの費用の他に、だいたい70万円から100万円程度の諸費用がかかることになるというわけです。
このように、マンションを購入する場合はこうした諸費用についても考えておかなければなりません。
不足してしまうことのないように、諸費用はしっかり計算しておくようにしましょう。

Copyright 2017 納得のマンション 新築と中古どちらを選ぶ? All Rights Reserved.