納得のマンション 新築と中古どちらを選ぶ?

最近流行っているオール電化を、新築マンションに求めたいという人も多いでしょう。失敗しないためには、オール電化のメリットとデメリット、両方を把握しておく必要があります。

オール電化の注意点

ガスを使わず、台所の設備やお風呂を沸かすときなど、全てにおいて電力で賄われるように作られているオール電化の分譲マンションは近年増えてきています。
新築の分譲マンションでもオール電化にしているところは多く、人によっては購入する分譲マンションにこの設備がついていることを狙っているという人もいらっしゃると思います。
最新の設備として知られているオール電化ですが、そのマンションを選ぶ場合には、注意していただきたいことも存在します。
それについて把握した上で、オール電化を選ぶかどうかを検討していくようにするとよいでしょう。
まず、何よりオール電化設備にするためには、それなりに高い費用がかかってしまうことになります。
そのため、従来の分譲マンションに比べると、費用が割高になってしまう場合が多いのです。
大雑把に考えてみると、エコキュートなどを設置する場合、大体30万円から50万円ほどがかかると言われています。
つまり、それだけ従来のマンションに比べて、費用が高くなってしまう可能性が高いわけです。
その他にも、オール電化にしてしまうとガスが恋しくなっても変更することができなかったり、IH対応の調理器具でなければ使えなかったり、電磁波の問題が関わってしまうことになるなど、デメリットは様々存在します。
しかし、反面でガスの料金がかからないので主にプロパンガスなどの場合は大幅に節約することができたり、光熱費をまとめることができるなどのメリットが存在するのも事実です。
このように、最新設備として注目されているオール電化ですが、当然メリットもあればデメリットも存在するものです。
双方の知識をしっかりと踏まえた上で検討していくのであれば問題はありませんが、どちらか一方の知識がかけたまま選んでしまうと、後々後悔することにつながってしまう可能性もあります。
そうして無駄なトラブルに発展してしまうなどを防ぐためにも、オール電化を考える場合はまず、そのメリットとデメリットをしっかりと調べた上で検討していくようにしましょう。

Copyright 2017 納得のマンション 新築と中古どちらを選ぶ? All Rights Reserved.